【検証】ジェットコースター苦手派がタワー・オブ・テラーに乗った結果




以前ジェットコースター攻略法を書いたのですけど、この攻略法の弱点は垂直落下に対する効果が未知という部分だったのですよね。

【もう怖くない】ジェットコースターを克服!浮遊感を消し去る最強の方法

続きを読む


私を含め苦手勢からしたらこれはれっきとした死活問題なので必要としている人のためにも早急になんとかせねばと思っていたのですが、
記事執筆中にディズニーシーに行く機会があったので清水の舞台から、いえ文字通りタワー・オブ・テラーの13階から飛び降りる覚悟で乗ってきました。

結論から言いますと前回記事で書いた攻略法はタワテラの前では完全に無力、乗り終わった直後に過呼吸になり動けなくなりました笑(実話です)

まじで怖かった。本気のだめなやつ。

以下詳細ですが絶叫系苦手な人、特に恐怖心が極度に強くて普段から低血圧気味の人は読んだ上で心して乗ることをオススメします。

過呼吸はかなり極端な反応です。タワテラの安全上の問題ではありません。
地獄のように怖いだけなので怖がりつつ挑戦してみてください笑

スポンサーリンク


筆者の絶叫マシン耐性

今にも葉の先から落ちそうな雫

詳しくは浮遊感を消し去る方法の記事に書きましたが、そもそも基本的にかなり苦手。
しかし暇なアトラクションではつまらないため、結局怖がりながらも絶叫系のアトラクションに流れます笑

ディズニーランドとシーでは長年の訓練によりタワテラ以外全て乗れますが、センターオブジアースはギリギリ限界を超えているようでいつも過呼吸一歩手前な感じ。(でも問題なくすぐなおる)

スピードは大好きなのでスペースマウンテンが一番気に入っています。

ちなみにタワテラは約10年前に乗ったことがありますがとてつもない恐怖以外の記憶がまったくなく、終了時は隣の知らない人にしがみついていました。

今回は10年ぶり2度目の挑戦です!

タワー・オブ・テラー搭乗時のコンディション

体調が悪かったのかというとそんなことはありませんでした。
タワー・オブ・テラーに乗ったのは18:15頃。10月下旬に入り、日が落ちきってすぐの夜になりたての時間です。

前日の睡眠時間は5時間半ほど。
若干短い気もしますが日常よくあるレベルでそこまで深刻な寝不足ではありません。

当日はディズニーシーの開園08:30から適度な休憩を取りつつ遊んでいて、フライングフィッシングコースター/レイジングスピリッツ/センターオブジアースと完璧な段階を踏み、来たるタワー・オブ・テラー搭乗に備えて無事に肩慣らしを終えていました。

体力だけはあるので元気いっぱい、疲労度でいったらまだ30%くらいでした。
強いて言えばセンターオブジアースに乗って普段通り脚プルプル、軽くゼーハーしていたことくらいでしょうか。

もうこの勢いで行くしかない!乗るぞ!と歩きながら呼吸を整えて気合い十分でタワー・オブ・テラーに入りました。

悪くないコンディションです。

搭乗する頃にいよいよ本格的に恐怖を感じる

泣いている赤ちゃん
タワー・オブ・テラーに向かうまでの間にもエレベーターが落ちる様子が見えたので、どれくらいの速度で落ちるのかなど脳内シミュレーションしていました。

遠くまで聞こえてくる悲鳴がなんかもう自分のことのようにつらい。笑

到着するとファストパスだったのでわりとすぐに案内されスタート、
タワー・オブ・テラーのストーリーを聞かされましたがシリキウトゥンドゥの呪いなどどうでもよく、とにかく物理的落下の恐怖が強いです。

ABCそれぞれ落ち方が違う3つのエレベーターに振り分けられるのですが、怖いと噂の(?)Cに乗ることに…。

エレベーターに乗るまでは平常心を保とうとしていたのですが席に座ってびっくり!
前に手すりがない泣
腰のあたりにつかむもの部分がありますがあまりにもなす術なしな感じのためいよいよ恐怖心に支配される。

私これ本当やばいかも…とつぶやいていたら同行者のひとりが今ならやめられるよ?と促してくれたのですが、
例の攻略法がタワテラに通用するかどうかをミッションにしていたので泣きながら乗る決断を下しました。


スポンサーリンク


いざ落下…恐怖の数分間

この世の自分に別れを告げよ…と言われ一応鏡に手を振りましたがこの時点ですでに恐怖はピークに笑
首のあたりは脈のドキドキが強すぎてなんか変。

例の攻略法を発動させる心の準備をしていたら目の前の扉が開き絶望したその直後に容赦なく落下ーーーーーっっっ泣!!

必死に頭ぶんぶんしていましたが!!びっくりするほど効果なし!!
大事なので繰り返します…以前記事にした攻略法はタワテラには1ミクロンも通用しない!!!!!

もはや今回も途中の記憶があまりないのですが、4回くらい内臓と魂が出ていくレベルの浮遊感に襲われた気がします。

そして終了、やばめの過呼吸になる

ジ・エンド

諸君は助かった…というアトラクション終了を知らせるささやきが聞こえて安堵した瞬間、手がド○えもんのように丸まって開かなくなる笑
呼吸もゼーハーして脚もふらふらでしたがなんとか立ち上がりエレベーターから無事脱出しました。

呼吸を整えながら歩いていたのですが数メートル進んだあたりで制御できなくなり過呼吸で座り込む事態に。
過呼吸になりつつ同行者も自分も意外と冷静だったのと、係員の方が紙袋をくれたので数分でおさまり事なきを得ました(?)。

私は取り込み中で気づきませんでしたがその通路は搭乗直前の人も通っていたそうで、ここで見せんといてくれや〜泣と男性をビビらせてしまったようです…申し訳ない!

まとめ

地面に書かれたニコちゃんマークに立つ2人の足

というわけで今回の絶叫系苦手な筆者がタワテラに乗るとどうなるかの検証結果をまとめると

・タワテラはとにかくまじで怖い。落下が苦手な人は地獄をみることになるので本当に覚悟して乗るべき

・以前紹介した攻略法はタワテラの前では全くの無力

そうは言っても何事も経験…死なないので人生で一度くらいはあえてこの恐怖を味わってみてもいいと思います笑

ただし周りの人は嫌がる人を無理やり乗せるのはやめましょう。
記事のような事態が起こる可能性があるので本人もつらいわ周りの人も回復を待つことになるわでお互いいいことなしです。

無理のない範囲で楽しめますように◎

ちなみに筆者は2度と乗らない、と10年前と同じ決意を今度こそ固めました笑


スポンサーリンク


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください